柔らかくすることが大切

出腹

妊娠をしている最中や、新進した後にできる妊娠線は、できてしまってはなかなか消えることがありませんし、しっかりケアしておけばよかった、と妊娠した人の中でも後悔されやすいものの1つです。
妊娠線は、妊娠しておなかが大きくなっていくのに比例して、表皮が伸びるのに対し、表皮の下にある真皮や皮下組織の一部が伸びにくいために、亀裂が入ってしまうことでできます。
つまり、真皮や皮下組織が柔らかく伸縮性をもっていれば、妊娠線を予防することができるのです。
その真皮や皮下組織を柔らかくするために、多くの妊婦が妊娠線の予防として行うのが、クリームなどによる保湿です。
そんなクリームも、きちんと考えて選ぶことで、ほかの人よりも妊娠線ができにくい予防ができるかもしれません。
まず、注目するのは、成分だと思います。
なかなか、通常の安めのクリームでは、真皮まで届くような成分が入っているものは少なく、クリームを塗って、マッサージをすることで真皮まで柔らかくすることが求められますが、良い妊娠線の予防クリームには、真皮まで保湿ができるように「シラノール誘導体」というコラーゲンを再構築しやすくさせるための成分が入っています。
入っているか確認をしてみましょう。
つぎに注目するのは使い心地です。
伸びが良いという基本的なことはもちろん、匂いというのも使い心地に影響してきます。
毎日使うものなので、使うのが楽しみになるようなクリームを選ぶとケアを怠ることも少なくなります。
旦那さんや、親族も好きな香りなら、塗ってもらうことも頼みやすくなるので、そのようなシチュエーションが楽しみになるのも良いかもしれません。
最終的にはやはり、毎日使い続けるものなので、コストパフォーマンスが重要になってきます。
大体の相場は3000円~1万と幅が広いですが、良いものを使うとなると、5000~6000円以上のものにロングセラーにもなっている良い商品が多いです。
自分に合った商品を妊娠をする前からじっくり選んでみましょう。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930